アトピー性皮膚炎は自己免疫疾患の一つでⅠ型アレルギーに属します。アレルギー性鼻炎や気管支喘息と同じでIgE抗体を産生しやすい遺伝的要素を持ったアトピー体質の人が発症しやすいです。発症機序は本来なら害のない物質を異物と認識し自己の免疫反応が過剰に働くことで発生します。

 

 

★当院のアトピー性皮膚炎治療の特徴

 

➀五臓の働きを調整

 

アトピー性皮膚炎は肺気や肝気のいずれかの働きが変動していることが多いです。

肺気の働きの変動は陽気の発散を妨げ、肌に影響を与えます。

肝気の変動は瘀血を発生させ気血の流れを停滞させます。

当院の治療ではこれらの臓の働きを正常にし、体質を改善するとともにアトピー性皮膚炎を改善、軽減していきます

 

 

➁お灸

 

アトピー性皮膚炎の周りの重要なツボに線香灸といって少し熱めのお灸をすえます。

アトピー性皮膚炎周囲の誤作動を起こしている自己の免疫細胞に対して正常な働きを促す効果があります

 

 

➂気血の流れを調整

 

身体には14本の経絡があり、この経絡の中を「気血」が流れています。この経絡に変動があると「気血」の流れが停滞し皮膚に異常を発生させます。

経絡の変動を整えることでアトピー性皮膚炎の改善を目指します

 

 

★アトピー性皮膚炎治療における留意点

 

アトピー性皮膚炎の治療はきちんとした治療を根気強く行うことが肝要です。数回の治療でどうにかなるものではありません。

しかし、きちんと治療を続ければ必ず治癒の方向に向かいます。

特に全身性の重度のアトピー性皮膚炎は長期間の治療が必要となりますが、それでも必ず良い方向に向かいます。

 

鍼灸治療は回数を重ねることによって効果を発揮します。

結果、体質が変わり、アトピー性皮膚炎の軽減につながることをご理解ください